強い体にはカルシウム【目指せストロングボーン】

診察中

保険の重要性

カラフルな薬

子宮頸がんを患った場合、進行度によっては高額な治療を受ける必要も生まれます。高額医療費制度を利用することもできますが、いずれにせよ金銭的な負担は大きいため、医療保険の加入は欠かせません。

最新の放射線技術であるサイバーナイフが話題になっています。放射線を患部に照射するので、肌を大きく切り開くことなく施術できます。

脳腫瘍の治療

袋に分けられた処方薬

脳腫瘍の治療をするには、専門の病院で医師による診察を受け、治療方針を決めていく必要があります。まずは病気の状態をしっかりと把握することが大切です。近くの病院を受診してみましょう。

サイバーナイフで治療

カルテを見つめる医者

放射線治療のひとつに、サイバーナイフを利用したものがあります。患部へのピンポイント照射が可能で、様々な部位へ使用できるため、放射線治療には欠かせない存在となっています。

睡眠は十分にとろう

車椅子の老人を引く看護婦

メニエール病は耳の病気です。一度発症してしまうと、発作を何回か繰り返します。そんなメニエール病と上手に向き合うためには、睡眠を沢山取るということが大切です。また、周囲の協力も得ましょう。

メニエール病の症状

椅子

メニエール病は若い世代の女性に多く見られる病気です。めまいや吐き気を伴い、貧血などの症状に似ているのが特徴です。まずは病院を受診して、医師に相談してみましょう。

骨の健康を考える

若いドクター

骨密度の低下で起こる骨粗鬆症の治療を知りたい方はこちら。自分で簡単にできる食事療法や病院での治療などの情報はこちらで。

子宮頸がんの治療をお考えなら、身体への負担が少ないNK細胞療法を検討してみてください。全身治療なので、転移を予防することもできます。

骨粗鬆症の症状のチェック方法に、背が縮んだり丸くなった、腰痛がある、息切れする、骨折しやすい、運動をしていない、牛乳・小魚を摂らない、喫煙、コーヒーやアルコールをよく飲むなどがあり、これらの症状に当てはまる人は注意が必要です。 骨粗鬆症は、骨の量が減少しもろくなる病気です。女性に多く、40代から発症します。閉経で女性ホルモンの量が激減することで増え、60代では2人に1人になるとも言われています。 日常生活が困難になったり、内臓が圧迫され不調が起こったり、骨折で寝たきりになる原因にもなります。食事や生活習慣などを見直して、骨によい生活を心がけ、症状が出たら早めに整形外科や内科、婦人科などでの治療を行うことが大切です。

骨粗鬆症は命に関わる病気ではありませんが、骨折で入院期間が長くなることで認知症状が出たり、歩行が困難になってしまうことがあります。寝たきりや要介護にならないための治療が必要です。 骨粗鬆症の治療の中心は投薬で、病気が進行している場合は骨量を増やす薬を飲みます。きちんと薬の効果を得るために、飲み方を間違えたり飲み忘れがないようにすることが大切です。 近年では、骨粗鬆症の治療で食事制限がない飲み薬や、月に1回だけの注射など新しい薬も出てきています。 治療以外に自分でできることとして、骨を増やすには、小魚や乳製品、海藻などのカルシウムの多い食事を摂るだけでなく、体を動かすことでカルシウムが骨として定着するため、ウォーキングなどの適度な運動も必須です。また、日頃から骨の吸収をよくするビタミンDを増やすため、日光に当たるようにしましょう。