強い体にはカルシウム【目指せストロングボーン】

保険の重要性

カラフルな薬

ある程度進行してしまった子宮頸がんの治療の場合、費用は時に高額になることもあります。子宮やリンパ節を含む周囲の組織の摘出手術と共に、放射線治療や抗がん剤治療が併用されることが多く、治療期間も長引く傾向があるのです。特に抗がん剤を使用した化学療法を受ける場合には、使用する抗がん剤の種類によって費用が変わります。入院が必要になることも多く、医療費負担も多くなる傾向があるのです。抗がん剤での治療は、時に1ヵ月分が10万円前後となることもあります。高額療養費制度を利用することである程度費用は抑えられますが、家計には大きな負担を与えることは否めません。このような場合に備えて、現在では様々ながん保険が登場しており加入者を増やしているのです。

子宮頸がんのピークは現在20代から40代とされています。他のがんに比べて遥かに若い年齢で発症するがんなのです。子宮頸がんの原因としては性交渉によるウイルス感染が挙げられています。そのため、性交年齢の早まっている現在ではより低年齢でがんが発症するケースが増えているのです。こうした子宮頸がんの原因となるウイルスは、運が悪ければ1回の性交渉でも感染してしまう危険があります。そのため、現在ではウイルス感染を予防するワクチンなどが開発されているのです。これまで日本では子宮頸がんは、性交渉の多い女性に発症するといった偏見が少なからずありました。ですが、最近ではこうしたウイルスの関与が解明され、そういった偏見がなくなりつつあります。